議員を「先生」と呼ぶのはもうやめよう とても“尊敬”できない国会議員の行状 - 政治・経済ニュース掲示板|爆サイ.com関東版


NO.9281223
議員を「先生」と呼ぶのはもうやめよう とても“尊敬”できない国会議員の行状
議員を「先生」と呼ぶのはもうやめよう  とても“尊敬”できない国会議員の行状
■「先生」と呼ぶから思い上がってしまう
2月19日にテレビ東京で「今野敏サスペンス 警視庁強行犯係・樋口顕」というドラマが放送された。

私は今野敏氏、堂場瞬一氏、横山秀夫氏の警察小説・推理小説が大好きで恐らくほとんどの作品を読んでいる。

ドラマ化されればかならず見るようにしている。

2月19日放送では吉田栄作さんが野党の代議士役で出演していた。

その吉田さんが警察に事情を聞かれる場面で若い女性刑事が「先生」と呼んだところ、間髪入れずに「先生と呼ぶのは止めて下さい」というセリフがあり、思わず膝を打った。

私は共産党の参院議員をしていたが、共産党では衆院議員であれ、参院議員であれ、議員同士で「先生」と呼ぶことはまったくなかった。

秘書も議員を「先生」とは呼ばなかった。

共産党議員は他党議員も「先生」と呼ぶことは、ほとんどないと思う。

国会議員も、地方議員も「先生」などではないからだ。

広辞苑によれば、先生とは、「先に生まれた人」「学徳のすぐれた人。自分が師事する人。また、その人に対する敬称」「学校の教師」「医師・弁護士など、指導的立場にある人に対する敬称」とある。

政治家は「指導的立場にある」という意見があるかも知れないが、それは間違っている。

同志社大学の浜矩子教授は、コラム「経済万華鏡」(2019年4月10日)の中で、「市議会議員であれ、市長であれ、知事であれ、地方選によって選出される人々は、彼らを選出する人々の『リーダー』などではありません。彼らは有権者の代表ではあります。ですが、それは、あくまでも有権者が彼らにその任務..

【日時】2021年02月23日
【ソース】JBpress
【関連掲示板】