麻生、加藤、西村、武田 エルメスや高級和牛に政治活動費 - 政治・経済ニュース掲示板|爆サイ.com関東版


NO.9273096
麻生、加藤、西村、武田 エルメスや高級和牛に政治活動費
麻生、加藤、西村、武田 エルメスや高級和牛に政治活動費
国会議事堂=東京・永田町、恵原弘太郎撮影写真・図版エルメスには「贈答品費」、高級和牛店には「土産代」を支出――。

閣僚らの2019年の政治資金収支報告書を調べたところ、こういった名目で様々な贈り物が政治活動費として計上されていた。

支出が100万円を超えたのは4人。

政治資金規正法では、収支報告書に贈り先などを記載する必要がないため、専門家は「適正な支出かどうかチェックできない」と指摘している。

同法は、国会議員が関係する政治団体について、1万円を超える支出を収支報告書に記載するよう義務づけている。

ただ、購入金額と年月日、購入先を示せばよく、中身を記載する必要はない。

朝日新聞は、菅内閣の閣僚が代表の政党支部と資金管理団体について、19年の報告書に「贈答」や「土産」などの名目で計上された支出を集計した。

支出先が百貨店や酒店と記載された「品代」も含めた。

100万円を超えたのは西村康稔経済再生相(約716万円)▽加藤勝信官房長官(約353万円)▽麻生太郎財務相(約233万円)▽武田良太総務相(約149万円)だった。

支出が最多の西村氏は、自身の選挙区(兵庫9区)にある店での購入が目立った。

兵庫県南あわじ市の農業法人から19年7月、約111万3千円分を購入。

ブランド牛「淡路ビーフ」の専門店からも計5回、67万円分を購入した。

通販サイトには、1キロ1万9440円の「すきやき肉・極上」、1万6200円の「焼肉最上級」などを取りそろえている。

西村氏は一度に25万円を購入したケースもあった。

百貨店の三越伊勢丹では20件計約375万円を購入していた。



【日時】2021年02月21日 19:00
【ソース】朝日新聞