疲れた男性

PointImages/iStock / Getty Images Plus写真イメージです)

2年後に迫った東京五輪パラリンピック大会において、ボランティアが必要であることは、連日報道されている。しらべぇで既報のとおり、「大会ボランティア」と観光客案内の「都市ボランティア」合わせて11万人以上の人材を集めたいとしている。

さらに、五輪パラリンピック担当相は経済団体に対し「ボランティア休暇」の制度を設けてほしいとの要請も行った。

■30分では終わらない登録に物議

そして26日、大会ボランティアの応募受付がはじまった。インターネット上での応募フォームだったが、開始々問題が起きているようだ。

「応募案内ページ」の入におよそ30分かかることが記載されている。しかし、登録にトライしてみた人の感想によると「70個以上ある入をサクサク間違いなく進められれば」が前提の時間だという。

■「本当に人を募る気あんの?」

実際には、普段見慣れない入方法やエラー表示などに「時間がかかりすぎる」と戸惑っていたり、「断念する人続出しそう」と不満ので溢れている。

「応募フォームで30分かかる、と聞いてたけど、やん。1時間半かかったが」

「最初に英語マイページログイン画面が出てくる時点でやる気失せた。本当に人を募る気あんの?」

「難しすぎてイラつくをえて、笑いが止まらない」

「散々入したあとに、よくわからない右下あたりに『エラーだよー』『アルファベットは大文字だけだよー』的なこと出てくるんだけど、どの項のことかがわからない。断念」

「ただでさえ、必要人数が集まりそうもないのに、登録だけで精的な負担かけるとか大丈夫かよ」

■東京五輪は開催してほしくない?

かつて、しらべぇ編集部が全2060代の男女1,376名に「東京五輪」について調したところ、3人に1人が「開催してほしくない」と回答した。

(©ニュースサイトしらべぇ)

男女別・年代別で較するとわずかながら女性に多く、20代50代で4割にも及んだ。およそ2年前に行った調だが、予算費用やボランティアの件で非難されるようなことも多くなっている現在…もっと増えている可性も少なくないだろう。

ボランティアは、12月上旬までインターネットの特設サイトで募集中。担当者にとって「まだ3ヶある」のか、「もう3ヶしかない」のかは不明だが、現在、応募フォームの善に取り掛かっていると願いたい。

・合わせて読みたい→東京五輪パラ、学生の試験や授業の日程変更求める 「学徒動員」「勉強の邪魔」と批判も

(文/しらべぇ編集部・長谷川 瞳

【調概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調期間:2016年7月22日2016年7月25日
:全20代60代の男女1,376名(有効回答数)

東京五輪、ボランティア受付を開始 「登録完了までに30分」「入力方法がおかしい」と物議


(出典 news.nicovideo.jp)

五輪ボランティア登録してみた 入力に戸惑い格闘30分 - 日本経済新聞
2020年東京五輪・パラリンピックの「大会ボランティア」(8万人)の募集が9月26日から始まっている。希望者は大会組織委員会の公式ウェブサイトで登録する必要があるが、インターネット上には「応募フォームに不備がある」「入力項目が多すぎる」などの書き込みが目立つ。
(出典:日本経済新聞)


東京から離れた地に住む私には別世界の話

<このニュースへのネットの反応>

五輪が景気啓発になるって発想が前時代的過ぎだってそれ言われてるからw 相変わらず永田町の発想は昭和中期から脱却してねーよなw(呆) 一過性のイベントにじゃなくて平時の安定的収益を求めてこそアベノミクスじゃないのかと言いたい。


この手の話ではいつも思うが、このボランティア批判しているのは大体ボランティアをする気が始めから無い奴が、ちょうどよい批判ポイントがあったからこれ幸いと騒いでる